スケジュール

SciPy Japanのスケジュールは8月11日に公開されます!

基調講演者

10/30(金)13:30 - 14:30
「材料研究を変革する統計的機械学習の先進技術」

吉田 亮 氏

情報・システム研究機構 統計数理研究所

[概要]

本グループが開発しているオープンソースソフトウェアXenonPyは,マテリアルズインフォマティクスの様々なタスクに対する機械学習モジュールを実装している.本講演では,高分子熱物性の研究や走査型電子顕微鏡を用いた材料組織の予測と制御など,様々な適用事例を紹介しながら,次世代の材料研究を駆動する統計的機械学習の先進技術(ベイジアンコンピューティング,実験計画法,深層生成モデル等)を解説する.

[略歴]

博士(学術).2004年総合研究大学院大学統計科学専攻修了,東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター・特任助教(2005-),情報・システム研究機構 統計数理研究所・助教(2007-),同研究所・准教授(2011-)を経て,2018年より教授.2017年7月より同研究所ものづくりデータ科学研究センター・センター長.国立研究開発法人 物質・材料研究機構・招聘研究員,総合研究大学院大学 複合科学研究科 統計科学専攻 教授を兼任.マテリアルズインフォマティクス統合解析プラットフォームXenonPyの開発を推進.JST-CREST「熱制御」領域,科研費新学術領域「ハイパーマテリアル:捕空間が創る新物質科学」における活動を通じて,高分子や準結晶を対象とするマテリアルズインフォマティクスの学術創生に従事.

10/31(土)13:30 - 14:30
「ビジネス支援型データサイエンティストの仕事の型」

河本 薫 氏

 

滋賀大学データサイエンス学部教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長 

元 大阪ガス(株)ビジネスアナリシスセンター所長

[概要]

データ分析を単なる分析で終わらさずにビジネス成果につなげるにはどうすればいいか?前職時代に失敗を繰り返した経験から、うまくいかない原因とそれを乗り越える仕事の型を編み出した。ポイントは、データ分析に着手する前の段階で、暗黙知を形式知化することである。本講演では、そのやり方を体系化してお話ししたいと思う。

[略歴]

1991年、京都大学応用システム科学専攻修了。大阪ガスに入社。1998年から米国ローレンスバークレー国立研究所でエネルギー消費データ分析に従事。帰社後、大阪ガスにてデータ分析による業務改革を推進。2011年からデータ分析組織であるビジネスアナリシスセンターの所長を務め、大阪ガスにおいてデータ分析組織を定着させた。日経情報ストラテジーが選ぶ初代データサイエンス・オブ・ザ・イヤーを受賞。2018年4月より現職。博士(工学、経済学)。著書に『会社を変える分析の力』(講談社現代新書)、『最強のデータ分析組織』(日経BP)など。NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演。

お問い合わせ( Eメール):

scipy@enthought.com

© 2020 by SciPy.